各安SIMは毎月の通信料金を安くすることができる通信サービス

各安SIMは毎月の通信料金を安くすることができる通信サービスですが、So−Netが展開している0SIM(ゼロシム)は、毎月の通信利用量が500MB未満であれば、通信料金が0円となります。下りで最大225Mbps、上りで最大50Mbpsの高速通信サービスです。

 

500MB未満は無料ですが、以降100MBごとの利用に対し100円の通信料金が発生します。月に2GB以上利用した場合は、1,600円での定額料金となり5GBまで高速通信が可能となります。5GBを超えてからは月末まで通信制限がかかるので、高速通信を再開したい場合は、希望する通信量に応じて料金をチャージすることにより高速通信が可能となります。

 

契約時には標準SIM、microSIM、nanoSIMと3種類のSIMカードが用意されているので、使用する端末に合うSIMカードを選択しなければなりません。また0SIMの契約にはクレジットカードが必要となり、初期費用3,000円が必要となります。

 

格安SIMにすべき理由は値段の安さ

私はシムフリーの格安スマホにネット使い放題のSIMカードを入れて使っています。正直言って、まだキャリアのスマホを使って、ドコモやAU、ソフトバンクに月々1万円以上も払っている人は、本当に損をしていると思います。

 

まず格安SIMのメリットは料金の安さです。これが最大の魅力ですね。私の月々の携帯料金は4,000円以内です。もっと安くすることも可能です。ネットをそんなに使わない方なら、1,000円以下でも可能です。月々1,000円以下ですよ。かなり安いですよね。

 

これを友達に言うと、本当に驚かれます。格安SIM、格安スマホは世の中に浸透してきていると思っていましたが、主婦の方、年齢層が高い方などはまだまだ知らない人が多いみたいです。ですが、スマホやSIMカードに疎い人ほど格安SIMを使うべきなんです。

 

なぜかというと、そういう人は、殆どネットを使わないんです。なのに携帯会社の任せきりでプランを決めているので、大して使っていなくても月々6,000円は確実に超えちゃうんです。私は仕事柄、海外に行くことも多く、SIMカードのことを知りました。

 

自分で色々調べて、色んなSIMカードを試して、今でもどれが一番安くて、使いやすいかなどを試しています。そんなことをする必要はありませんが、携帯会社や電気屋の人はあんまり教えてくれないので、スマホをあんまり使わない人、とにかく月々の料金を安くしたい、家や会社などにWIFI環境が整っている人は格安SIM、格安スマホを考えてみてもいいと思います。

 

格安SIMを購入するメリットについて

格安SIMを購入するメリットについてご紹介したいと思います。私の場合は、通常のご紹介したいと思います。私の場合は、通常のスマートフォン以外に、霜降りのタブレット端末を所有しています。基本的には自宅ではWi-Fi、屋外でもWi-Fiで利用することを前提にしていますがどうしても屋外でWi-Fiスポットがない場合には通信ができなくて困ります。

 

そんな時に役に立つのが格安SIMです。購入時には格安SIM自体の費用はかからず、毎月の支払いについても、データ利用量を想定して、フルキシブルに変更することが可能です。もちろん、会社ごとにそのフレキシブルさは異なるのでチェックは必要ですが。

 

さらにこうした契約となれば、どうしても2年縛りが気になるところですが、なんと格安SIMについてはいつでも解約可能と言う会社がほとんどです。もちろん、データ通信を行うにあたってのエリアも大手通信キャリアの回線も使っているので基本的には心配する必要もありません。

わたしが格安SIMを選んだ理由

私が格安SIMを使い始めたのは3年ぐらい前です。当時は、携帯電話しか持っていませんでした。当時でも家族は携帯会社のスマホを持っていて、(私を除いて)お互いにLINEで連絡を取り合っていたのですが、私が皆と連絡を取るのは携帯のEメールでした。

 

それで私はあまり困ってはなかったのですが、ある頃から、用があってEメールを送ってもなかなか返事が来ないことが増えてきました。理由を聞くと、「スマホのメールを開くのが面倒」、との事。携帯メールしか使ってない私は、通知が入るはずなのに、なぜ?と思っていました。私はLINEのしくみをよく知らなかったんです。

 

そこでLINEの仕様を家族に聞いてみると、メールのようにブラウザ?を開かなくても通知の文章がそのまま画面に出るとのこと。面倒がらずにメールを開いてくれれば?とも思ったのですが、すぐに返事が欲しい私は、やはり便利な機能を使いたくなりました。

 

でも携帯会社のスマホに変えてしまうと、毎月の料金が高くなるし、、どうしよう、と迷っていました。しばらくして、以前から気にはなっていた格安SIMのことを詳しく調べて、これなら無理なく持てる、と確信しました。

 

今、格安SIM利用のスマホと携帯電話との2台持ちですが、月額料金は低額なので無理なく維持していけます。LINEはもちろんネットもできますし、格安SIMの利用でとても便利になりました。

 

格安SIMの導入に至ったこと

スマホはあまりにも使用料が高いので、モバイルは長年ガラケーだけで、ネットは家でパソコンを使えばいいと思っていました。家族に格安SIMのことを聞いてからも数年経っていました。あまりメジャーではないから怪しいのかと思ったりで踏み切れずにいました。

 

一番のネックは格安SIMの契約はほとんどがクレジットカードだったので、元来クレジットが嫌いだったのです。もし、自分が突然使わなくなった場合に、後の処理をする人がいなかったら、永遠に引き落とされ続けると思ったのです。

 

ある日、家族がSIM専用のクレジットにすればいいと進言されました。調べるとなんと今や1GBなら使用料が月々500円程度になっていました。これなら、もし自分が途中で使えなくなって事務処理ができなくても、この金額なら大した問題にはならないと思えました。

 

それでまずSIMフリーのタブレットを買い、クレジットカードを新規に作って、格安SIMも契約しました。正直言って契約が結構面倒でした。でもこの事務処理が自分でできなければ、今後のSIMの運用も難しいと思いました。大変だったけど、導入して安く便利に使えるようになり、本当に良かったです。

 

格安SIM、あと一歩

格安SIMを何社か利用してきました。iijmio,mineo,フリーテルです。友人にはDTIを勧めました。iijmioは当時とても評判がよく安心して契約しましたが、その評判が人気を呼び速度が遅くなってしまいました。

 

あまりにも遅いので仕方なく他社の無料キャンペーンを探していくつか使用してきました。多くのMVNOは、ドコモから回線を借りているのでどうしても回線が混雑してくると遅くなります。これは周知の事実なので仕方ありませんが、残念なことです。

 

事業者側も、設備投資などをしても速度が上がらないなどの理由で、残念な思いを抱えているのかもしれませんね。格安SIMにする理由は一つです。月々の通信費用全体を抑えるためです。

 

昨今では、各家庭に光通信も当たり前のように導入されているようですし、家族全員で携帯・スマホをもつ家庭も増えました。ですから、通信費全体を合計すると驚くほど高額になります。そういう観点からも、家庭の経済状態に合わせて、MVNOに切り替えることは至極当然の選択ではないでしょうか。

 

多彩なメニューがあり、価格も妥当で、安定した速度を常時だせるMVNOが出そろうことを期待しています。もう一つ加えるならば、MMSがあるとなおいいですね。一気に携帯電話からスマホに切り替わるような気がします。